トコフェロールの疑問や悩み - 億女Q&A

Yahoo!知恵袋疑問や悩みを検索

知恵袋Q&Aで悩みを解決!

-PR-
  • 健康、美容とファッション > 健康、病気、病院 > 病院、検査
  • Wed, 17 Jul 2019
  • 質問No. 477072

解決
済み
Q トコフェロールの疑問や質問

  • 閲覧数22
  • 質問総数6

AトコフェロールのQ&A回答一覧

    Yahoo!知恵袋

    • 投稿日時 - Wed, 17 Jul 2019 12:15:28
    • 質問No.477072
    健康、美容とファッション > 健康、病気、病院 > 病院、検査

    体に足りない栄養がわかる検査は、ありますか?
    ビタミンD、ビタミンB、ビタミンC,ビタミンEやタンパク質などが
    知りたいです。

    宜しくお願いします。
    回答
    アンサー

    ビタミンB1(チアミン)、B2(リボフラビン)、B6(ピリドキシン)、
    ビタミンC(アスコルビン酸)、ビタミンD(ジヒドロキシビタミンD),
    ビタミンE(トコフェロール)、
    総タンパク、蛋白分画、などは血液検査で計れます。
    閲覧数 22
    詳しくはこちら
    • 同意数-3(4-7)
    • 回答数3
    • 投稿日時 - Mon, 15 Jul 2019 22:53:33
    • 質問No.455816
    健康、美容とファッション > コスメ、美容 > スキンケア

    これってどうやったら治ります?
    太ももの毛穴です。




    (汚くてすみません……)
    回答
    アンサー

    ムダ毛を処理してるのであれば、
    シェイバーはなるべく使わず
    脱毛クリームを使うと毛穴を傷つけませんよ(*^^*)
    ケアの後は保湿クリーム などを
    忘れずに(^人^)

    そして、
    ケアノキュア。と言う商品はムダ毛処理などで黒ずんだ毛穴周りなどの炎症を鎮めて湿疹・皮膚炎を治します。
    5つの有効成分を配合しています!
    患部の炎症を抑える「ウフェナマート」「グリチルレチン酸」、かゆみの発生を抑える「ジフェンヒドラミン」、肌の新陳代謝を助ける「トコフェロール酢酸エステル」、殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」を配合し、黒ずんだ毛穴が目立つポツポツ肌を改善し、キレイな素肌にしていきます。

    2.毛穴周りの赤み・炎症を鎮める、伸びの良いクリームでもあります!

    伸びの良いクリームタイプの治療薬です。1日に数回、適量を患部に塗り込むと、有効成分が毛穴周りの炎症を鎮めながら、毛穴が目立つポツポツ肌をキレイな素肌に導きますよ!

    良かったら、合うかどうかは解りませんが、ケノキュア。など、
    他の商品でもぶつぶつを緩和してくれる商品があると思うので、ご自身に合いそうなクリームを調べてみてくださいm(_ _)m
    閲覧数 11
    詳しくはこちら
    • 同意数0(12-12)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Sat, 06 Jul 2019 16:39:50
    • 質問No.317168
    健康、美容とファッション > コスメ、美容 > スキンケア

    ユースキンにビタミンEが入っていますが、これらって本当に肌に意味あるんですか
    吸収はされないですよね
    回答
    アンサー

    本当に意味が無ければ
    医薬部外品とは名乗れないんですよ。

    医薬品の次に人体に緩やかな
    作用があるという指定で医薬部外品と
    呼ばれている指定を受けています。

    酢酸トコフェロール
    要するにビタミンEについては
    経皮吸収されます。
    閲覧数 7
    詳しくはこちら
    • 同意数-10(4-14)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Fri, 05 Jul 2019 13:49:11
    • 質問No.300576
    健康、美容とファッション > 健康、病気、病院

    トランシーノホワイトCクリアを服用後尿が黄色くなりました。
    これはビタミンCを摂取しきれていない事などが原因なのでしょうか??
    回答
    アンサー

    ★成分中にリボフラビン(ビタミンB2)が配合されているので
    尿は黄色くなります。

    口内炎薬にも、ビタミンB2は配合されているので、尿は黄色くなります。




    薬剤師

    トランシーノホワイトCクリア
    https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_transino/transino-c/product/
    成分
    アスコルビン酸(ビタミンC)
    1000mg
    L-システイン
    240mg
    コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)
    50mg
    リボフラビン(ビタミンB2)
    6mg
    ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
    12mg
    ニコチン酸アミド(ビタミンB3)
    60mg
    閲覧数 17
    詳しくはこちら
    • 同意数-6(11-17)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Fri, 14 Jun 2019 10:34:17
    • 質問No.92769
    教養と学問、サイエンス > サイエンス > 化学

    この中で体に害や副作用のある物教えて下さい。
    資生堂です。 アルミニウムハイドロオキシクロライド液*,塩化ベンザルコニウム液*,ユーカリ油,l-メントール,エタノール,精製水,ジメチルシロキサン・メチル(ポリオキシエチレン)シロキサン共重合体,1,3-ブチレングリコール,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,ヒドロキシプロピルメチルセルロース,ポリビニルピロリドン,被覆粉末EZ(酸化亜鉛),メタリン酸ナトリウム,dl-α-トコフェロール *は「有効成分」 無表示は「その他の成分」
    回答
    アンサー

    全て悪影響があります。精製水(水)ですが、短時間で5Lも飲んだら死にます。

    この中で、使用頻度からいっても、日本国のみならず世界中で一番悪影響を及ぼしているのは、いうまでもなく「エタノール」でしょう。

    日本国での「慢性肝疾患及び肝硬変」の死亡率はやや低下してきているものの死因
    順位第 9 位(平成 2 年、人口 10 万対 13.7)です。

    他の疾患として、消化器系疾患(肝炎、肝硬変、肝がん、膵炎、食道がん、胃腸炎等)、循環器系疾患(心筋症、不整脈、高血圧)、神経系疾患(ウェルニッケ脳症、コルサコフ症候群等)、脳血管疾患(高血圧や脳卒中)、代謝性疾患(糖尿病、痛風)、免疫機能異常、造血器疾患、整形外科的疾患(大腿骨頭壊死)、胎児性アルコール症候群(FAS)、慢性感染症の悪化(結核等)、外傷等があげられます。

    もちろん、これらの疾患は摂取量や期間によりますから、質問者様のお聞きになった物質は、微量であれば無作用と考えて差支えのないものが大部分です。

    というように、単に「体に害や副作用のある」物と聞かれれば、量や時間をどう考えるかで、害があるともいえるし、害が無いとも言えます。
    閲覧数 9
    詳しくはこちら
    • 同意数2(16-14)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - 2019年6月
    • 質問No.52930
    健康、美容とファッション > 健康、病気、病院 > 病気、症状

    マスチゲンと一緒に飲める市販の胃薬はなんですか? マスチゲンと一緒に飲める市販の胃薬はなんですか?
    回答
    アンサー

    陽性ピロリン酸第二鉄は、商品名:インクレミンです。
    胃薬は、制酸剤は併用注意薬です。
    やむえないで服用する時は、2時間以上服用時間を空けて下さい。

    制酸剤成分の一例:
    アルジオキサ・合成ヒドロタルサイト・合成ケイ酸アルミニウム・
    酸化マグネシウム・スクラルファート・沈降炭酸カルシウム・
    炭酸水素ナトリウム・メタケイ酸アルミン酸ナトリウム 等
    サクロンS(エーザイ)、パンシロンAZ(ロート製薬)
    ナトリウムやマグネシウム、アルミニウムを含む胃薬は制酸剤です。



    薬剤師

    マスチゲン:第2類医薬品
    https://item.rakuten.co.jp/ladydrug/4987174727017/
    成分分量
    1錠中 成分 分量 内訳
    溶性ピロリン酸第二鉄79.5mg(鉄10mg)
    アスコルビン酸50mg
    トコフェロール酢酸エステル10mg
    シアノコバラミン50μg
    葉酸1mg

    インクレミン:商品名:溶性ピロリン酸第二鉄添付書
    https://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00054091.pdf
    併用注意
    ・テトラサイクリン系抗生物質
    テトラサイクリン、ミノサイクリン等
    、相互に吸収を阻害し、効果が減弱するおそれがある。
    両剤の服用間隔を2〜4時間とすること。
    本剤とテトラサイクリン系抗生物質が消化管内で難溶性のキレートを形成して、
    両剤の吸収を阻害し、血中濃度が低下する。

    ・制酸剤
    本剤の吸収が阻害され、効果が減弱するおそれがあるので、投与間隔をあけること。
    消化管pH上昇により、鉄の溶解性が減少する。
    また、難溶性塩を形成し、鉄の消化管吸収が阻害されると考えられる。

    ・セフジニル

    ・ニューキノロン系抗菌剤
    オフロキサシン、塩酸シプロフロキサシン、ノルフロキサシン等
    これらの薬剤の吸収を阻害し、効果を減弱させるおそれがあるので、投与間隔をあけること。
    キレートを形成し、吸収を阻害すると考えられる。

    ・甲状腺ホルモン製剤
    乾燥甲状腺、レボチロキシンナトリウム、リオチロニンナトリウム等
    甲状腺ホルモン製剤の吸収を阻害し、効果を減弱させるおそれがあるので、投与間隔をあけること。
    難溶性の複合体を形成し、吸収を阻害すると考えられる。

    ・タンニン酸を含有する食品
    本剤の吸収が阻害され、効果が減弱するおそれがある。
    不溶性の塩を形成し、吸収が阻害されると考えられる。
    閲覧数 1
    詳しくはこちら
    • 同意数2(19-17)
    • 回答数1
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    ページ先頭へ